スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

批判の必要性

2010⁄03⁄24(水) 17:49
お久しぶりでございます。
かなり立て込んでいたため、時間がないorあっても寝てしまうという感じでしたが、ようやくその時期も超えたという感じです。
そしてAVAやろうと思うとメンテ延長という。
にしても公式まで落ちてるということはAVA運営というよりGamechu全体の問題のようですね。何があったのやら。

ここから戯言。
さて、最近は動画が数多くアップロードされるようになりました。とともに批判コメントも多少出てきました。他ゲーほどではないですが。
そもそも批判というのは見ている側が何かしら気に食わない点があるから起こるものです。
そのため、批判をするというのは、自分が気に食わないことを伝えることなのですから別に何ら問題はありません。
問題となってくるのはその内容です。

例えばプレー動画、「ヘタクソ」や「弱い」などというコメントをする方がたまにいますが、それって何かプラスになるのでしょうか。
言われた側はモチベーションが下がるし、いったいどこが問題なのかもわからないまま終わってしまう。
そんなコメントを見た側もそれを見ていい気分になるとは到底思えない。
「ここはもっと○○な動きをすべきだろ」などといった具体的な批判であれば、言われた方としても言われて納得するかもしれないし、そこを修正できるかもしれません。

批判というのはされた側にとってはプラスにもマイナスにもなりうるものです。
ですから、する側もするのであれば少しでも生産的な批判をすべきではないかなと思うわけです。
そして、自己中心的な考えから来る批判などはもってのほかでしょう。それは自分のストレスの他人への押し付けにすぎません。
ですから、された側も内容が間違っていないのであれば真摯に受け入れる必要があると思うのです。

私も具体的な批判については大歓迎です。
自分では気づかない点に気づかせてくれるのですからありがたいです。
theme :
ゲーム
-> Alliance of Valiant Arms

TOP

Comment

Trackback

http://avafp.blog88.fc2.com/tb.php/86-cab7f1ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。